賃貸アパートの立地と間取り、入居者ニーズ。

賃貸マンション 経営
賃貸マンション

賃貸アパートの立地と間取りについて。賃貸アパートの立地条件、間取りが物件を選ぶときの主要件です。その他の入居者ニーズの項目を列挙。

賃貸アパートの立地条件。

賃貸アパートの立地は、潜在的入居者のニーズにあわせてアパート建設の構想計画をたてる必要があります。

立地j条件や建物の間取り構成を計画します。

入居者がアパート選びのとき条件とするのが、交通の便の良さ、周辺環境の良さ、生活の便の良さがあげられます。

また家族構成によっては子供の通学の都合や親元に近いことも割と大きな要素になります。

建物の広さ間取りが条件になる

家賃をまず選択条件の最初に置くことが多いですが次に建物の広さ、間取りです。

建物の条件としては、住宅の広さ、住宅の築年数、間取りの良さがあります。

賃貸アパートの立地とあわせて、構想段階での入居者ニーズにあった建て方の工夫が必要です。

そのとき、日当たり風通しのよさも考慮します。特に南側に窓が取れない建物は、入居者がカビなどに悩まされることになります。

地方では駐車場の確保も大事な要素のなります。

最終的には立地条件に合ったタイプの建物の広さ間取りを検討しその地域の特性を生かせるような賃貸アパートを建てることで経営の安定化につながります。

賃貸アパート入居者のその他の選択ポイント。

賃貸アパート入居者が物件を選ぶ場合前にあげた主条件のほかにその他の選択ポイントを挙げます。

収納スペースの確保、建物の外観、設備の良さ、管理の良さ、日当たり・通風、駐車場の間隔、宅配BOXなどです。

また今後の予測では電気自動車の大々的普及も予想されるため電気自動車用の電源コンセントもあげれれそうです。

賃貸アパートの居住面積は広めに。

賃貸アパートを新規に建設する場合は事情が許す限り、将来性を考えてゆとりを持たせた設計がベターだと思います。

国土交通省が定めた賃貸住宅の居住空間の目安では、以前よりある最低居住水準よりも広めの指針を出しています。

入居人員居住面積(内法)居住畳数住戸専用面積(壁芯)
1人7,5㎡4,5畳18㎡
1人(中高齢単身)15,09,025
2人17,510,529
3人25,015,039
4人32,519,550
5人37,522,556
6人45,027,066
最低居住水準

国土交通省の策定した住宅建設5か年計画の第8期によるとすべての世帯ができるだけ早く上表の「最低居住水準」を超える住宅環境の目標値を出しています。

さらに都市のマンションを想定した「都市居住型誘導居住水準」の目標値を発表しています。

これは、生活水準の向上とともに電化製品などの普及も進み豊かな生活水準に合わせたもので

上記の「最低居住水準」の1,8倍から2,2倍程度の広さの余裕を持たせています。

まとめ

今回は「賃貸アパートの立地と間取り。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました